おたふく風邪 流行 症状 予防

おたふく風邪の流行と症状。感染と予防、原因と対処法

スポンサーリンク

おたふく風邪とは、どのような症状の病気であるかとの認識が必要です。
おたふく風邪自体は一般的に呼ばれている呼び名で、正式名は流行性耳下腺炎になります。
主な症状としては、
・発熱
・咳、鼻水
・耳下の唾液腺や耳下腺、下のあごにある唾液腺や顎下腺(顎下腺)などが腫れる
などが特徴的な症状で、特に耳下の唾液腺が腫れることが多くあります。
時には片一方だけが腫れることもあり、ひどい場合には口が開きにくいところまで腫れることもあります。
症状ので始めは、顎、耳下の片一方が腫れ始め、数日経過後に両側が腫れるようになります。
腫れの期間は一般的には1週間程度で治ることが多いですが、時には長引き2-3週間程度まで腫れが引かないこともたまにあります。
ただし、このおたふく風邪は感染が非常に強いために、このおたふく風邪にかかることがあれば、1週間程度は自宅での療養と安静が必要な病菌なります。

スポンサーリンク

また、このおたふく風邪は子供がかかることがほとんどですが、時には大人がかかることがあり、幼少期におたふく風邪にかかっていない成人がかかることもあります。
その症状は、初期には頭痛、肩や首の痛みがでて、次第に耳下の腫れ、嘔吐、発熱、倦怠感を感じることがあり、大人の場合でこのおたふく風邪にかかると、高熱が出ることもたまにありますので、ご家庭でおたふく風邪にかかっているお子さんがおたふく風邪にかかりましてら注意が必要です。
特に、妊婦さんは薬等も飲用出来ない、流産の心配がありますので、おたふく風邪にはならないように注意します。
ただし、胎児への影響や不妊症になりことはまれですが、注意をすることには十分に配慮します。
他に合併症の心配もあり、髄膜炎、髄膜脳炎、難聴、心筋炎、膵炎、睾丸炎、卵巣炎などの合併症も時にはありますので、注意が非強です。
また、このおたふく風邪は一度子供の時に一度かかっていても、重症化になりにくいことを除けは大人でもかかる心配をも持ちわせているために、重症にだけはかからないようにします。

スポンサーリンク