おたふく風邪 うつる 期間

おたふく風邪がうつる期間について

スポンサーリンク

毎年病気の流行時期というものを耳にすることがありますが、そのなかでおたふく風邪という病気があります。
これはどのような病気となっているのかというと、とくに2歳から5歳の子供がかかる病気として有名です。
幼稚園や保育園に通っているという子供がたくさんいますが、ここで流行をしていればなるべく外出させたくないという親の気持ちもわかります。
そこで周りに症状が出ている子供がいれば、潜伏期間中の場合見た目がほとんどわからないので、幼稚園や保育園に通っているという子供も少なくありません。
ここで気になるのが風邪がうつる期間やどのような症状が体に現れるのかということに関してです。
感染力はどのくらいなのか、また感染経路や感染しているとわかったときの対処法に関しても気になるところです。
診断や治療に関してもしっかりと頭に入れておく必要があります。
そこで気になるおたふく風邪の潜伏期間に関してです。
この期間は約10日から20日程度となっています。

スポンサーリンク

すなわちうつる可能性があるのが平均で18日前後と考えることができます。
この日数に関しては個人差がありますが、基本的には長期間にわたって潜伏しているということが考えられます。
したがってここで注意しなければいけないことは、保育園や幼稚園で流行しているということがわかった際には、自分の子供もすでに感染している可能性が高いということです。
この時期には体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、一般的な風邪のような軽い症状のこともあります。
したがっておたふく風邪と判断することが難しこともあります。
おたふく風邪の感染力は感染をしたときと、潜伏期間と発症と回復期というように進んでいきますが、この中でうつる力が一番強いと考えられているのが潜伏の時期とと発症時期となっています。
主な症状として耳の下から顎の部分が腫れるようになっていますが、これらの症状が現れる7日前から発症をしてから9日頃までが強い感染力があると考えられます。

スポンサーリンク