おたふく風邪 下痢

おたふく風邪の原因と下痢の症状

スポンサーリンク

おたふく風邪とはムンプスウイルス(おたふくウイルス)が原因となり、唾液を作る耳下腺や顎下腺が腫れて痛む発熱性の病気です。
子供がこの病気にかかっても、それほど心配する必要はなく通常では10日ほどで回復する病気です。
しかし唾液や咳などを原因として感染力が強く、同居家族や学校など子供同士が密接する場所では高い確率で流行するため、現在学校では学校保健法により腫れが引くまで登校停止する事に決まっています。
おたふく風邪の潜伏期は2〜3週間とされており、1歳〜10歳で発症する事の多い病気です。
症状は38度程度の熱が2日ほど続いた後に、耳の下に痛みが生じ腫れを伴います。
腫れは3日程続きますが、その後1週間程度で腫れは治まります。
また顎の下の唾液線が同時に腫れる事もあります。
熱のある期間は水分を充分に与え静かに過ごせるようにする事が大切です。
胃腸障害を起こす事もあるので食事も刺激物は避け、やわらかい食べ物を与える事が必要です。

スポンサーリンク

おたふく風邪はウイルスが体中を回る性質があります。
そのため臓器に影響が出る事もあり、合併症を引き起こす恐れがあります。
合併症の多くは発熱・吐き気・頭痛・嘔吐・下痢を繰り返しますが2週間ほどで回復しますが、おたふく風邪を経験していない大人が感染した場合には重篤な合併症を引き起こす事があります。
またウイルスにより膵臓炎を起こした場合には腹部の痛みや下痢を伴う事があります。
おたふく風邪により膵炎になる確率は数パーセントと確率的には低いものですが、重症化した場合には膵臓の組織が壊死して死に至る事もあります。
一度下がった熱が再発して頭痛・腹痛・下痢・嘔吐・精巣の腫れが出た場合は、膵炎などの合併症を起こした事が考えられますので注意が必要です。
現在おたふく風邪に効く薬はありません。
ですので流行していない時にワクチン接種しておく事も考える必要があります。
ワクチンは任意の予防接種であり料金もかかり、発症を防ぐ確率も70〜90パーセントと言われ完全に防げるものでもありません。
また副作用の問題なども考えられ賛否が分かれています。
自分の子供にすべきかどうか、親の立場で考えることが大切です。

スポンサーリンク