おたふく風邪 大人 男

大人の男性はおたふく風邪に要注意

スポンサーリンク

おたふく風邪にかかると、咳や鼻水等の風邪症状が現れ、発熱し耳の下が腫れて痛みます。
左右両方とも腫れる事が多いですが、どちらか一方だけ腫れる事があり診断が難しい事があります。
発熱や腫れは1週間程度で落ち着いてくる事が多いです。
特効薬は無く、腫れや痛みを和らげる薬を服用しながら、安静にして回復を待ちます。
おたふく風邪は、ウイルス感染による病気で感染者の唾液等に接触する事により感染します。
非常に強い感染力を持つため、診断されたら周囲の人への配慮が必要です。
おたふく風邪にかかると心配なのは、合併症です。
おたふく風邪は合併症が多いのが特徴です。
患者の10%程度が、脳の周りにある膜に炎症を起こし、嘔吐を繰り返し激しい頭痛を訴えます。
病院で早急に治療を開始しないと、重大な後遺症を残す恐れもある怖い病気です。
風邪症状や発熱、耳の下の腫れ以外に、何かおかしいと感じる症状があれば早急に医療機関を受診する必要があります。

スポンサーリンク

おたふく風邪は、子供がかかりやすい病気ですが、大人でもかかる事は当然あり、子供より重症化しやすいと言われています。
子供よりも、高熱が出やすく合併症にかかる確率も高くなります。
特に、大人の男性患者の30%程度に精巣の炎症が見られます。
発熱に伴い、睾丸がうずくように痛み、何倍もの大きさに腫れあがります。
睾丸を冷やしたり、持ち上げるようにすると痛みが和らぐのが特徴です。
睾丸は、左右に二つあり、多少の炎症を起こしても、精子を作り続ける事ができます。
しかし、両方の睾丸が大きなダメージを受けた場合、精子を作り続ける事ができず不妊の原因となる為、注意が必要です。
大人の女性患者の7%程度にも、卵巣の炎症が見られます。
卵巣も二つある為、不妊の原因になる事は稀ですが、発熱に加え下腹部痛がありとても辛いです。
このように、おたふく風邪は、特に大人の男性にとって注意すべき病気です。
近年、予防接種により発症を高確率で予防できるようになりました。
子供の頃にかかっていない方は、男女とも、積極的に予防接種を受ける事が大切です。

スポンサーリンク