おたふく風邪 症状 軽い

おたふく風邪は症状が軽い場合でも自宅で療養となる

スポンサーリンク

おたふく風邪とは症状が現れた見た目の通称で、正式名称を流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)と呼びます。
耳の前からあごの下に掛けて腫れ上がってしまい、その見た目や特徴がお面のおたふくに似ていることから付いた通称です。
症状として軽い場合でも腫れた場所に痛みを伴う炎症、発熱があります。
しかし重い場合は頭痛や嘔吐や腰痛が起こることもあるため、特に酷いと感じる場合は病院へ行って入院による療養を行うことをお勧めします。
名前に風邪と付いていますがおたふく風邪は病気の一種で、咳やくしゃみによる飛沫感染を引き起こします。
意外と思うかもしれませんが実はおたふく風邪に感染した場合はインフルエンザと同じく、学校では出席停止となり会社や職場では出勤停止となります。
症状が軽いから平気に思えても感染力が強いために最悪で学校や職場での大量感染を引き起こす恐れがあります。
この病気に掛かった場合、顔の腫れが完全になくなるまで自宅待機の療養となり外出しないようにしてください。

スポンサーリンク

おたふく風邪は予防する方法にワクチンによる予防接種があります。
しかし中には予防接種を受けたにもかかわらず発病してしまう人がいます。
また予防接種をしていないにもかからわず発病しない人もいます。
ワクチンを接種して発病した場合、接種しなかった人と比べて症状が軽い場合があるそうです。
おたふく風邪には有効性の薬がないため一般的な病気と似たような処置を行います。
腫れによる痛みは濡れタオルなどで冷やすことにより和らげることができます。
しかしこの時、看病している人にも病気がうつる可能性があるためマスクの着用やうがいや手洗いを行い感染に注意してください。
食事の時は噛む力のいる硬いものや唾液の分泌を促す酸味のあるものは避けてください。
入浴については熱がある時や痛みが強い時は避け、入浴後は温かいタオルで全身を拭くようにすると良いです。
おたふく風邪は発病してから約10日前後で治り、目安は顔の腫れが完全になくなったことです。
僅かでも腫れている場合はまだウイルスを保持している可能性があるため注意してください。

スポンサーリンク