おたふくかぜ 予防接種 間隔

おたふくかぜの予防接種の間隔について

スポンサーリンク

病気を予防するために予防接種というものが行われていますが、これはいろいろな病気を対象としているものがあります。
そのなかでおたふくかぜの予防接種がありますが、気になるのはその間隔や接種時期となります。
おたふくかぜとはどのような特徴があるのかというと、流行性耳下腺炎と呼ばれることもあります。
これは耳の下にある唾液腺にある耳下腺が腫れることで症状が発症するようになっています。
顔が丸いおたふくのようになるのでこのような名前が付けられています。
原因となっているのはムンプスウイルスです。
このウイルスが体の中に入って、それから2週間から3週間後にかぜのような咳や鼻水や発熱の症状が現れます。
その後で耳下腺や唾液腺が腫れるようになっています唾液腺の腫れに関しては左右の両方に見られることが多くなっていますが、症状は1週間程度で治まるようになっています。
しかしここで注意しなければいけないことは、合併症があるという点です。

スポンサーリンク

したがって実際におたふくかぜを発症したときに症状を弱くしたり、発症そのものを予防するために予防接種が行われているのです。
そのためにワクチンが使われるようになっていますが、これはウイルスの毒性を弱めた生ワクチンとなっています。
ニワトリの細胞を使って作られていますが、接種量に関しては0.5ミリリットルを1回皮下に注射するという形となっています。
基本的に2回接種することが推奨されています。
接種間隔が気になりますが、間隔に関しては5年程度開けて接種するのが望ましいと考えられています。
1歳を過ぎれば予防接種を受けることができます。
日本の場合には1回接種となっているので、1歳を過ぎて集団生活を始める前に予防接種をするのが望ましいと考えられています。
しかしワクチンを接種しても免疫が付かないこともあります。
この場合単独で接種をする方が抗体陽性率が上がると考えられています。
おたふくかぜの予防接種の副作用は比較的少なくなっています。

スポンサーリンク