おたふく風邪 予防接種 大人副作用

大人になると重篤化するおたふく風邪の予防接種と大人副作用

スポンサーリンク

おたふく風邪とは、ムンプスウイルスに感染することで発症する感染症です。
ムンプスウイルスは飛沫感染や接触感染で感染し、発熱や腫れを伴う症状が出ます。
また、下痢や嘔吐、だるさなどを感じることもあります。
耳の下や顎の下が腫れる独特の症状からおたふく風邪と言う一般的な呼称が付きましたが、正式には、流行性耳下腺炎といいます。
一般的には子供がかかる病気であり、一度かかると免疫ができてその後の感染リスクが大幅に低下することから、予防接種が非常に有効な防御手段として考えられています。
特に免疫のない大人は重篤化する可能性が高いため、リスク回避策として予防接種は有効な手段です。
予防接種は、医療機関で受けることが可能ですが、副作用もあります。
大人副作用的な大人に特化した副作用は少ないですが、大人にも影響すると言う意味では大人副作用ともいえるものがいくつか存在します。
それらの副作用は前もって医師が説明してくれますので、その説明を聞いてリスクを勘案することが大事になります。

スポンサーリンク

まず、予防接種の副作用として考えられるのは、発熱など軽いおたふく風邪の症状が出ることです。
これは生のムンプスウイルスを毒性を弱めることで体内に取り込むので、起きる副作用です。
基本的に、おたふく風邪は大人になると重くなるので、この発熱などの症状が大人では若干重くなることがあります。
それが大人副作用と言うことができるでしょう。
他にも、接種した部分が赤く腫れたり、数千人に一人と言う極めて低い可能性ですが無菌性髄膜炎を引き起こす可能性もあります。
逆に大人がおたふく風邪を引いてしまったリスクとしては、その症状の重篤化と合併症のリスクがあります。
特に合併症では無菌性髄膜炎の他に、感音性難聴や睾丸炎のリスクがあります。
感音性難聴や睾丸炎は、おたふく風邪完治の後も後遺症として残る可能性があります。
特に睾丸炎は成人男性に特化した合併症で、不妊の原因などにもなる危険度の高い合併症なので、もし、予防接種の副作用のリスクを心配しているなら、リスクの高い感染後のダメージを勘案して、予防接種を受けることが合理的な選択と言うことができます。

スポンサーリンク