おたふく風邪 出勤 停止

おたふく風邪は出勤停止になってしまいます

スポンサーリンク

おたふく風邪は、頬がぷっくりと赤く膨れ、おたふくのように見えることからその名がついた疾患です。
正式名称は、流行性耳下腺炎と喚ばれ、首や耳の下にも、痛みが現れるという特徴があります。
おたふく風邪になってしまう原因は、ムンプスウィルス、というウイルスの感染によるものです。
また、特に、子供がかかりやすいと言われています。
症状としては、普通の風邪と区別が付きにくく、下痢や嘔吐、咳、嫌悪感、38度程度の熱など、よくある疾患の症状が出ます。
そのため、なかなかおたふく風邪であるとは気づきにくく、頬が腫れたりすることで、気づく場合がほとんどです。
また、特徴の一つとして、とても感染しやすい、ということがあげられます。
ムンプスウィルスは、人と話したりしているだけでも、空気中に飛び出して、簡単に人に移ってしまいます。
そのため、おたふく風邪であると分かった場合は、出来るだけ他の人に移さないようにする配慮が大切です。

スポンサーリンク

上記のような特徴から、会社勤めである人が発症してしまった場合、間違いなく出勤停止になります。
会社というコミュニティーの中で疾患が移り蔓延してしまうと、会社業務を回すことも大変になってくるため、出勤停止は免れないことです。
またそれだけでなく、大人が発症した場合、子供と比べて危険が大きい、というのも、出勤停止の理由となります。
大人は、おたふく風邪による合併症を引き起こす可能性がとても高いと言われています。
男性であれば、睾丸炎など生殖機能に影響を与える疾患になる可能性もあり、また、心筋炎や骨髄炎など、深刻な合併症の危険性も多くあります。
また、熱も40度程度の高熱になることも多く、絶対安静で、一刻も早く病院へ行き治療を受けることが重要となってきます。
そのため、事前に予防接種を受けておくことをオススメします。
また、生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけることでも、おたふく風邪の予防につながるため、日々の暮らしにも気を配り健康な生活を送ることが重要です。

スポンサーリンク