おたふく風邪 予防接種 いつまで

おたふく風邪の特徴といつまでに予防接種すれば良いのか

スポンサーリンク

普通の風邪と違って発熱するだけではなく、顔が膨れ上がってしまうことからおたふく風邪と呼ばれているのが流行性耳下腺炎です。
主に子供の頃に見られることが多い病気であり、ウイルスによって感染する病気です。
飛沫感染や接触感染によって人から人へと感染する病気なので、感染した場合には人に感染させないように接触を避ける必要があります。
看病している人に感染することも多いため、特に注意する必要があります。
また、感染力が強いだけではなく潜伏期間も長いために感染しやすいという特徴を持った病気です。
おたふく風邪になったと本人や周りがわかっていれば感染を防ぐことが出来ますが、潜伏期間が2週間から3週間とかなり長いために潜伏期間中に人に感染させてしまうことがあるのです。
子供が感染した場合にはおよそ1周間ほどで自然と回復します。
もし感染が心配な場合には、事前に予防接種を受けておくことで感染を防ぐことが出来ますので覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

感染力が強く注意すべき病気として知られるおたふく風邪ですが、子供と違って大人の場合には症状が重くなることでも知られています。
自分はまだ予防接種を受けていないけれど、具体的にはいつまでに行えば良いのか知りたいという人もいるでしょう。
実は、いつまでに予防接種を行えば安心ということはありません。
何故ならば、おたふく風邪に対する予防接種というのはいつまでも効果が持続するというわけではないのです。
予防接種を受けると体の中に抗体が出来るために感染を防ぐことが出来るのですが、この抗体というのは年を重ねると徐々に弱まっていってしまうのです。
抗体そのものは長い間残っていますが、ある程度の年数が経ってしまうと確実に感染を防ぐことが出来るというわけではないのです。
自分は子供の時に受けたので大丈夫と思っている人も、心配であれば病院で予防接種を受けておくと安心です。
特に子供がいる家庭では子供から感染する可能性も高くなりますので、注意しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク