おたふく風邪 腫れない

耳下腺が腫れないタイプのおたふく風邪とは

スポンサーリンク

おたふく風邪の特徴的な症状としては、耳下腺の腫れや痛みが代表的であるのですが、かかった人の約3割程度の患者さんは、発熱もなく、耳下腺が腫れないといった状態でおたふく風邪と診断されたと言われています。
何故このように、耳下腺が腫れないのに診断されるのでしょうか。
耳下腺が腫れないのに、おたふく風邪と診断された子供の例としては、腫れは見られずに、痛みや発熱があり、患者さんの周りの人達がおたふく風邪の原因であるムンプスウイルスによる飛沫感染を受けて、感染が広がっているといった場合に、診断されたという事が分かっています。
つまり、その患者さんの周りでムンプスウイルスの感染があるのであれば、痛みや発熱のみでも診断されるようになっているという事が言えます。
しかし、確実な結果が出るインフルエンザのような検査は存在しておらず、患者さんの周りの感染状況で判断するといった曖昧な診断がされる事がほとんどだと言われています。

スポンサーリンク

しかし、このような曖昧な診断であったとしても、おたふく風邪を発症してしまうと、大人も子供も危険な状態になってしまうため、気を付けておく必要があります。
大人と子供がそれぞれおたふく風邪になってしまった時は、様々な危険なリスクが伴います。
子供では、特徴的な症状である唾液が作られる耳下腺の腫れや痛み・頭痛・腹痛が現れるのですが、場合によっては、脳炎や膵炎や髄膜炎を引き起こすこともあり、難聴の原因となってしまう事もあります。
大人になってからかかってしまうと、子供の時よりも重症になる可能性が高くなっており、男性であれば、精巣炎になってしまう事があり、場合によっては、不妊の原因となってしまいます。
妊娠初期の女性がかかってしまうと、妊娠の過程において、流産を起こしやすくなってしまうため、特に注意が必要となります。
このように、耳下腺が腫れないタイプの感染も考えられるため、周りが感染していて、腫れがなくても、痛みや発熱などの症状が現れた場合には、検査を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク